FC2ブログ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

kakeiansin

Author:kakeiansin
職業:
ファイナンシャルプランナー
  2008年からFP事務所開業
年令:40代

ブックマーク
My Yahoo!に追加 Add to Google

再び強まる「安全資産」志向、日米独金利は歴史的低水準に

[東京 13日 ロイター] 投資家の「安全資産」志向が再び強まっている。株はじり安基調でパニック的な売りが出ているわけではないが、日米独のコア国債に過剰流動性が流れ込み、利回りは歴史的な水準に低下。バブル的様相も呈しているが、不安の裏側で強まる金融緩和観測が金利リスクへの警戒感を薄めている。
 以下はhttp://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE86C03420120713?sp=trueでご覧下さい。


 ギリシャ、スペインなどのヨーロッパの金融不安からリスク資産である株価が上がらずに安全志向として債券などに流れる減少が続いていますが、企業そのものはそんなに悪化の一途をたどっている訳ではありません。
 株価は人気投票のようなもので、リンク先の記事を全部読まれればお分かりになると思いますがm、日経平均対象の企業では株価純資産倍率(PBR プライスブックバリューレシオ)が1を切っており、あとはご本人の判断次第といったところです。

 資産運用を考える時は株式や投信の知識を勉強した後に大きな流れをつかむことも必要で、金融商品は株以外にも投資信託やFX(外国為替証拠金取引)などが知られていますが、何よりもまず必要なのは家計の安全を考えた配分と市場の流れを読む事です。
 ご相談はこちらから。
スポンサーサイト



CATEGORY:マネー

THEME:資産運用 | GENRE:株式・投資・マネー

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
QRコード
QRコード
株価チャート(簡易版)
by 株価チャート「ストチャ」
ブロとも申請フォーム