FC2ブログ
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

kakeiansin

Author:kakeiansin
職業:
ファイナンシャルプランナー
  2008年からFP事務所開業
年令:40代

ブックマーク
My Yahoo!に追加 Add to Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電話営業に注意

悪質な電話営業が連日あったのでそのことについて

1 しつこい携帯電話代理店
 いらないと言っているのに1~2週間空けてまたかけて来る携帯電話代理店
 同業他社はしつこくないので目立ちます。
 もう忘れているとでも思っているのでしょうか?
 話がと似れる度に「逆に」という言葉を使って食い下がってでも契約させようとしてきます。
 話しの脈絡から「逆に」全くは使えない言葉なのですがこの電話セールスは本当に日本人なのでしょうか?

その翌日にはこんな電話営業が。

2 インタビューの話しを持ちかけ写真を売りつける商法
 東京や大阪を拠点とした業者から「タレント、有名人があなたの会社へインタビューします」と電話で営業をして来ることがあります。
 私の所へこの手の話が来たのは2度目です。
 1度目はどのようなものか把握するために途中で止め、2度目の今回は断りました。
 それぞれ会社名が違うのに全く同じ手口なので、ネットで「その会社名+評判」で検索すると他の方の書いたブログがヒットして、そこには「取材商法」と紹介されていました。

 被害に遭われないためにも知っていただいた方が良いと思いますので、その手口を公開します。

 出版社と名乗る会社が電話でまず「御社(当事務所)の事業を発行している雑誌に載せるので取材をしたい」と言ってきます。
 内容を聞いていると冒頭にありますように「タレント、有名人があなたの会社へインタビューします」と続きます。
インタビューアーとしてやって来るのはほどほどに有名な元スポーツ選手や芸能人で、その会社のホームページを見ると50~100人を登録していると顔写真が並べられたありしています。
 記事掲載のためにやって来る有名人と写真を撮って5万円、後は著作権も自由で好きなように写真を使って良いというものです。
 取材場所は必ずこちらの事務所や自宅へ押しかけて来るように言ってきます。

 いきなり電話一度だけでどのような会社かよくわからないので自宅を避けてホテルのロビーを使ってインタビューさせたことがありますが、実際に有名人はやってきます。
 しかしインタビューといっても仕事についての簡単な内容の話しで、その間中ずっと白髪頭で角刈りをした暴力団員風の老人がちょっと離れた場所からずっと鋭い目つきでこちらを睨みつけていて胡散臭さが漂うものでした。
 写真を撮ってから突然、「5万円というのは一番小さな枠で写真の大きさは掲載されないのでこちらの大きな枠(その雑誌では並の大きさ)で写真付きで掲載するには協賛金が20万円になる」と今まで聞いた事もない話しを始め、最初から5万円以上取ろうという詐欺まがいなものでした。
話しが違うので断りました。

 その後、インタビュー内容の趣旨となる単語は暴力団やカルトが主要紙以外の新聞、週刊誌等から意識的にマネをして度々使うといった事が起こりました。
 中学からグレてロクに勉強してない上に定職に就いてないためか一般社会の仕事についての簡単な内容の話しであっても彼等にとっては世紀の大発見でもしたかのような話しのようです。

<< 暴力団絡みの商売を装った電話セールスの特徴まとめ >>
・電話だけで話しを進めれば会社や家に上がり込んでも良いと思っている
・有名人にインタビューさせれば信用があると思っている
・FAXで連絡をして来るくらいで契約書等はない
・協賛金という名目で支払わせようとしてその場で話しがコロコロ変わり金額が高くなる
 協賛金とは会計処理上、スポンサー料、寄付金、広告宣伝費に分類され、払う目的によって取り扱いが違う複雑なものです。

 厄介なものには関わらない事が重要です。
スポンサーサイト
検索フォーム
QRコード
QRコード
株価チャート(簡易版)
by 株価チャート「ストチャ」
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。