カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kakeiansin

Author:kakeiansin
職業:
ファイナンシャルプランナー
  2008年からFP事務所開業
年令:40代

ブックマーク
My Yahoo!に追加 Add to Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事務所情報 明日から消費税8%

 明日から消費税増税が行われ5%から8%に上げられることに伴い、当事務所の相談料も変更させていただきます。
 できるだけ現行価格に近い設定を致しましたので、これからもご愛顧のほど宜しくお願い致します。
 金額の詳細は明日、4月1日からお問い合わせページに載せる予定です。

 個人相談はこちらから 

 事業者様はこちらから
スポンサーサイト

エトセトラ  その1

<便乗値上げ>

 消費税増税を目前にして駆け込み需要が増えてきたのを利用した便乗値上げも見られるようになってきました。
物によっては4月からの消費税アップ率の3%以上の値上げを現段階で行うものもあります。

 買う前に一度値段を確認してみて下さい。


<SEOについて>

 最近の検索表示順位等には恣意的な操作が見られ、自分達には不都合なものには順位を回にして悪い評判をかぶせてしまう傾向があります。
 お金をかけても順位が落ちることもあり、必死にお金をかけても結果はさほど変わらず、検索サイトにはお金をかけない方が結果的には良い感じになっています。
 当ブログのスポンサーサイトをつけているのを見てもクレジットだとかFP相談業としては勧めたくないものばかり。
 クレジット等でキャッシングしているうちはお金はまず貯まりませんし、運用もできません。
 消費者金融時代からこのような業種に従事している人はだいたい変化していません。
 

消費税増税の世論調査

 いよいよ4月にやって来る消費税増税、そこでマスコミなど各社が様々な調査を発表しています。
 その内容を見ると、国民全体だと増税後の家計支出を減らすのは半数強、若者限定なら7~8割といった具合です。
 ここからわかることは、長く続いたデフレにより企業の体力が落ち、賃金カットが行われたために従業員や関連した事業者の家計では余裕のある生活ができなくなったことが伺えます。

 消費税以外でも一昨年末からの円安誘導により輸入品価格が上昇し、その上昇分は家計に転嫁され、内容量の減少や値上げ等の形で現れ始めました。
 今後特に目新しい話もなく、形式上、物価の上昇でデフレではなくなっても悪性のインフレ―ションやそれに似た景気の停滞が起きれば、デフレ脱却は意味のないものになり、余裕のない家計の負担を増やせば節約意識が高まるのは当然のことで、多くの家庭で節約によって欲しい物も我慢し始めるようになればデフレ脱却は一時的に終わると考えられます。

 この環境下で家計の使えるお金を増やす、減らす、といった家計に合わせたそれぞれの対策を採ることによってお金の不安は少しずつ解消へ向かいます。

 ご相談はこちらから。

2月の景気ウォッチャー調査から

 内閣府より11日発表された景気ウォッチャー調査
 自動車、住宅等の大きな金額の物は駆け込み需要が発生、家電も買い替えの必要があるものは買われたものの、衣料、飲食関係が冷え切ったままという内容でした。
 これは何年かに一回かそれ以上の期間が次の購入までにあるものが買われ、毎日の生活に関わるものが買われなかったということになります。
 駆け込み需要はそう何度も効果のあるものではないので次ぎの消費税率を上げる頃には今回ほど効果はないものと考えられます。
 家の必需品が揃えば次に向かうのは教育費用と貯蓄。
 有効な使い方や貯め方の知識と実行が必要になってきます。

 ご相談はこちらから。

2月のマネタリーベース

 4日、日本銀行から発表になったマネタリーベース
 マネタリーベースは「日本銀行券発行高」、「貨幣流通高」、「日銀当座預金」を合わせたものです。
 家計と直接関係ないのですが、当事務所ホームページには指標の一つとして載せています。
 およそ205兆円で、前年同月比で55%増、前月より約4兆円の増加です。

 長らくデフレが続いた日本、現在、日本銀行が国債を購入してお金を市場に出回らせる行為はデフレ対策ということなのですが、家計にお金が回っている訳ではありません。
 日本国債は個人向け国債なら個人で購入できますが、他の多くのものは入札を経て金融機関等の機関投資家へ売却されます。
 日本銀行が主に買い入れている国債は従来機関投資家が保有した新発債です。
 デフレになっているのは私達の生活で、日本銀行の国債購入でお金が出て行く先は国債発行元の政府、国から一般会計向けに使われるのは社会保障費、公共事業。
 駆け込み需要で消費好調と今まで報道されてきましたが、我が家の家計にお金が流れて来ているでしょうか?

検索フォーム
QRコード
QRコード
株価チャート(簡易版)
by 株価チャート「ストチャ」
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。