FC2ブログ
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
プロフィール

kakeiansin

Author:kakeiansin
職業:
ファイナンシャルプランナー
  2008年からFP事務所開業
年令:40代

ブックマーク
My Yahoo!に追加 Add to Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費支出は減少に

 2月も終わりに近づき春らしい暖かい日もあるようになりましたが、先週発表されたデータから
<<2月18日総務省発表の消費支出>>
 対象となっている期間は去年の10月から12月の3カ月間と去年の12月

 まず、10~12月分
 消費が好調と言われていたものの統計では
 二人世帯1.0%
 総世帯1.9%
 単身世帯4.2%
ともに消費支出は減少を示しています。

 次に、去年の12月の二人以上の勤労者世帯データを見ると、
 前月の11月より可処分所得が減り、消費支出が増えていますが、輸入品価格の上昇による値上げ分の支出が増えたものと考えられます。
 消費支出の中でも減っているのは教育費で、金額にして8,422円と前月比で5%近く減少しています。
 他の家計の構成項目は切り詰めようがないと言った感じでしょうか?

 マスコミ報道では政府によるデフレ脱却が注目されていますが、デフレ脱却の根拠としている輸入品価格の上昇は果たして家計にプラスをもたらすものなのでしょうか?

 ご相談はこちらから
スポンサーサイト

冬季オリンピックから家計の運用に見習うこと

 ロシアのソチで冬季オリンピックが開催されてから1週間、日本選手のメダル獲得のニュースが流れるようになりました。
 彼らは4年に一度開かれる大会で日頃の練習の成果を出しているのですが、メダルを狙う能力を備えるには目標を持って達成しようとする気持ちと行動を継続しています。
 それだけではまだ足りないので、間違いの修正にはコーチなどの意見を聞いて修正していますし、怪我や病気にならないための自己管理も怠らない努力もしています。
 当事務所のホームページやブログを真似て当事務所の営業を妨害すれば自分達は金持ちや偉い人になれると勘違いしている集団とは対極に位置します。

 冬季オリンピックの話を家計に例えるとFP(ファイナンシャルプランナー)はオリンピックに例えるとコーチ役、
家計全般にわたる問題がある場合には一度切りの相談ではもちろん上手くいきません。
 そのために当事務所では年間単位の年会員契約がありますが、使い方を間違ってしまうと上手く行かなくなって続けることができなくなってしまいます。
 家計運営を上手く行くようにするためには計画を立てて確実にこなしていくためにはまず家計の現状を知る事とモチベーション作りから。

 ご相談はこちらから。

駆け込み需要

住宅購入の駆け込みはありなのか?

 ここでいう駆け込み需要は4月から消費税が増税されるから値段の高いものは3%上がる前に買ってしまおうというものです。
 100万円のものなら3万円アップするから、住宅購入では普通に買えば30万円以上アップしてしまうことになるので、消費税がアップする前の4月1日の6か月前、つまり去年の10月1日までに契約した住宅を引き渡された場合、消費税は5%で済むという事から住宅の駆け込み需要は起きました。

 今後、家を建てる人は損ばかりするのでしょうか?
 そんな事はありません。
 住宅購入は土地と建物を買うことになりますが、消費税がかかってくるのは家の部分で、土地は消費税法上、消費と捉えるにはふさわしくないものと考えられ、課税されません。
 住宅購入にはこの消費税以外にも住宅ローン契約と返済、他にも各種保険にも気を配らなければならないため、消費税だけにとらわれない判断が必要です。

 準備計画をしっかりすることが成功への近道になります。

 ご相談はこちらから。
検索フォーム
QRコード
QRコード
株価チャート(簡易版)
by 株価チャート「ストチャ」
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。