FC2ブログ
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

kakeiansin

Author:kakeiansin
職業:
ファイナンシャルプランナー
  2008年からFP事務所開業
年令:40代

ブックマーク
My Yahoo!に追加 Add to Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月末日は指標の日

 今日は5月31日、月末には景気指標発表が集中します。
 
 今日も失業率、鉱工業生産指数、消費者物価指数、住宅着工戸数等の発表がありました。
 改善、そのまま、悪化したままと様々な結果となっています。
 指標の一部は当事務所ホームページでまとめて見る事ができます。
スポンサーサイト

経済環境の変動があった時の家計の対策

 先週あたりから長期金利が上がっていることが確認され、昨日は日経平均が13年ぶりという1000円以上の幅の暴落を記録しました。
 当日の下落のきっかけは中国の景気指標が悪化している事と日経先物取引価格とされていますが、今日の市場は取り戻すような大きな巻き返しはなく、市場の調整以外にもアベノミクスと言われる経済政策らしき一連の政府発表が試されているものと考えられます。
 6月には新成長戦略発表という段取りにはなっていますが、既に発表された成長戦略の触りの部分にしても一体どのような経済成長するのか?不明な点が多く、3本の矢と称する金融、財政、成長戦略が実際に動いてもよくわからない印象があり、国債の大量購入による金融緩和の方針は市場から財政ファイナンスととられた可能性もあります。
 今後の報道発表に注目したいところです。

 補足ですが、彼らが当事務所のホームページを盗用するのは簡潔明瞭に書いてあるからですが、彼らは簡潔明瞭な文をそれ以上のものにできない欠点があり、今回は政策発表の時点で言葉を変え、自分で考えたと言ったところで正にその欠点が出ていると言えます。

 ところでこのような時に家の住宅ローン、保険、資産運用、生活費はどのような対応を取れば良いのでしょうか?
 何がどのくらい増えるのか?、いつ頃から注意が必要なのか?気になるところです。
 ご相談はこちらから。

5月ホームページ更新情報

 今日3月の機械受注が発表され、14.2%の上昇、これで年初より若干上回りました。
 事務所ホームページも数か所更新しました更新しました。

 更新ページ
  ・景気指標
  ・暮らし「最新情報」
  ・特集「金融緩和政策」
  ・コラム欄リンク「お金のアンケート」質問を新しくしました。

  上記リンクからお入り下さい。
検索フォーム
QRコード
QRコード
株価チャート(簡易版)
by 株価チャート「ストチャ」
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。