FC2ブログ
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

kakeiansin

Author:kakeiansin
職業:
ファイナンシャルプランナー
  2008年からFP事務所開業
年令:40代

ブックマーク
My Yahoo!に追加 Add to Google

金融緩和の力

 現在の日本は「失われた20年」と言われる長い不況で、デフレーション(デフレ)ももう10年ぐらい続いています。
 先週衆議院の解散が決まり、最大野党総裁が強力な金融緩和をしてデフレを脱却する旨を述べたところ、景気浮揚期待から日経平均株価が金曜日に194円上げ、9,000円台を回復しました。
 今まで何もしていなかった訳ではないのですが、国債の引受先がほとんど金融機関で、そのメインである銀行も貸し手として適う基準の企業が少ないため、市中に出回る事があまりありませんでした。
しかし今回の株価上昇の要因になった野党総裁の発言は公共事業による建設国債の発行で建設業にお金が回ることになるため、全業種にとはいかなくても景気回復期待が高まる事となりました。
 今日からの株価の騰落が注目されます。

 公共事業が実現かつ持続されれば、株価だけではなく為替、国債金利にも影響してきますので、家計保有資産にも波及し、保有資産額が増えたり、金利支払い額が増えたりすることになり今までとは違った局面が生じます。
 着実にお金を増やすためには今のうちから安定した家計状況で乗り切れるよう対策しておきたいところです。
スポンサーサイト



検索フォーム
QRコード
QRコード
株価チャート(簡易版)
by 株価チャート「ストチャ」
ブロとも申請フォーム