FC2ブログ
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kakeiansin

Author:kakeiansin
職業:
ファイナンシャルプランナー
  2008年からFP事務所開業
年令:40代

ブックマーク
My Yahoo!に追加 Add to Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家計の見直しの時期とポイント

 家計の見直しという言葉は独立系のファイナンシャルプランナーの口からよく出るものですが、一体何をするものなのでしょうか?
 『それは将来を見据えてと今のやりくりで大丈夫かどうか?』を確認し、直すところがあれば直そうというものです。
 人生には平常時なら結婚、出産、家の購入などがライフイベントとしてありますが、この前起きた震災もそうですが、予期せぬ収入の減少や止まってしまう事態が起きた時、国などの制度が変わって収支構造が変わってきている時に今まで通りでは上手くやり繰りができなくなってきます。
 できれば現状を維持したい、そうではなくても環境の変化に対応できる家計にしたい。
と考えますよね?
 
 こういった時に家計の何から手をつければ良いのか?を考えることが見直しであり、税制などの変更も考えると毎年~3年に一度ぐらいは見直す必要が出てくるものとお考えになればよいのではないでしょうか?
 
 ご相談はこちらから。
スポンサーサイト

家計管理に必要な事  直そうと思いながら実行に移す

 家計管理はほっておくと簡単に厄介なものに変身してしまいます。
 レシートは溜まる、いつどこで使ったか覚えてない。
2週間分ぐらい溜めるともう面倒、誰かやってとすら感じるものです。
 しかしこのままではいつまで経っても家計は改善しませんし、ストレスは溜まりっぱなし。
 こういう時は一日の最初の空き時間にやってしまう、そしてタダやるのではなく将来家計がどうなるのかを思い描きながら実行して行きます。
 そうでもしないと続きません。
 私は今このように書きましたが実際に実行に移して継続できない人、多いんですよね。
 しかし、自分は継続して管理ができないからといって落ち込んでは元に戻るだけ、やればやった分の成果は出てきます。
 モチベーションをアップして将来の希望を実現させるためのご相談も承っております。
検索フォーム
QRコード
QRコード
株価チャート(簡易版)
by 株価チャート「ストチャ」
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。