FC2ブログ
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kakeiansin

Author:kakeiansin
職業:
ファイナンシャルプランナー
  2008年からFP事務所開業
年令:40代

ブックマーク
My Yahoo!に追加 Add to Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疑り深いと損をする

 ファイナンシャルプランナーのサイト相談に質問に来る方、どこで話を聞いてきているのかわかりませんが保険の契約に関して最初から不利な商品を売りつけられるような疑り深さの方をたまに見かけます。
 まったく疑いもなく契約されるよりは良いのですが、根拠もなく疑い過ぎているように見えます。
 私も保険は扱っておりますが、最初からどこの会社のどの商品だけが他のどの商品と比較しても良いと断言してお勧めする事は保険代理店のコンプライアンス上致しておりません。
 お客様のご要望を伺った上でどの性質の保険商品が良いかを判断し、相談者さまに合った商品をいくつか提示、ご説明した上で最適と思われる商品を選んでいただく事になります。
 このようなことが広く知られることがないために、相談に来られる方の不信を招くのでしょうがけれども、ご理解いただけないまま代理店に有利なものが売りつけているという噂が信じられているようです。

 このような実情があるのですが、あなたの今契約されている保険商品は果たしてあなたにとって最適なものであり、見直す必要のないものであるのでしょうか?
 必要のないものであればお勧めは致しません。
 
スポンサーサイト

4月から値上げするものが多い。

 4月からの値上げ項目が最近判明してきています。
 給料は少なくなるのに控除が減る結果税金として支出が増えます。
 現在はまだ決定されていませんが税制改正大綱を見ると、

  ・所得税の成年扶養控除範囲の縮小
  ・相続税の基礎控除額の減少
  ・相続税の死亡保険金に関する控除の適用範囲の縮小
他にも
  ・自動車賠償責任保険(自賠責)の保険料アップ

自賠責の保険料は車、バイクに乗っている人全てに当てはまります。
普通自動車なら1年あたり1,250円程度、軽自動車は1,500円程度上がります。
支払いは2~3年まとめてになりますので、年数分をかけたが区分支払いが増えます。
また、任意の自動車保険も保険料はアップの傾向にあります。

給与所得者には資格取得費用を認めるといったものも中にはあるのですが、資格を取ればすぐに独立開業できる訳ではありません。
「今できることは何か?」を考えることが早道です。
ご相談はこちらから。

「人生設計「考えていない」55% ライフデザイン白書で明らかに」から思うこと。

 人生設計「考えていない」55% ライフデザイン白書で明らかに

「現在の生活だけで精いっぱい」62%
 あなたは人生設計をしていますか? 全国の男女3000人に聞いたところ、「考えていない」は54・7%を占めた。その理由は「現在の生活だけで精いっぱいだから」61・8%、「将来のことを考えても、しようがないから」26・4%、「何をしていいのかわからないから」23・8%の順に多かった。

 第一生命経済研究所が平成22年1月に行った「今後の生活に関するアンケート」結果の一部(有効回答数1986)。親子関係、子供の教育、仕事と家庭などのテーマで国民生活の実像を探った。この場合の人生設計とは「仕事や学業、家庭生活、余暇生活、老後の生活などすべてを含んだ『自分の生涯総合計画』を意味する」と同研究所は定義している。(SankeiBiz)

 意外にも今の生活以外に考える余裕のない方が多いと感じる結果です。
 2位「将来のことを考えても、しようがないから」、3位「何をしていいのかわからないから」と後ろ向きな考え方をした答えが続いています。
 果たして今と同じ状態はいつまで続くのでしょうか?(わかるはずありません。)
 何も考えない状態を続けて自暴自棄にまでなってしまうと今ある現実さえどうでもよくなってしまうようになります。
 上手くいかない人ほど目標らしい目標がありません。
 今があっての将来ではあるのですが、「将来はどうありたいか?」とおぼろげでもいいから考えて目標を持つと今の時間やお金の使い方も変わってきます。
 わからない事は解決するように試行錯誤して不安を取り除いていく。
 これで良いのですが。
 当事務所は「わからない事は解決するために不安を取り除こうとしている方を応援します。 

無料相談はトクなのか?

 最近は不動産、証券、保険など無料相談や相談会といった企画が増えております。
 まったく知識がないのであればある程度は役に立つ相談ですが、セールスのための無料であったり、2つのサービスのうち最初の一つが無料というものであったりします。
 しかし、本質的な解決に結びつく所までは無料相談では足りない事が多いのです。
 
 何でも無料と思っていては後で満足した結果は得られない事になります。
 

明けましておめでとうございます。

 新年が始まりました。
 このブログを読まれている方にとって良い年になりますことを願っております。

 ところで、当事務所のホームページも若干改装致しました。
 以前より見易く、わかり易くを心がけてみましたのでご覧下さい。
検索フォーム
QRコード
QRコード
株価チャート(簡易版)
by 株価チャート「ストチャ」
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。