カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

kakeiansin

Author:kakeiansin
職業:
ファイナンシャルプランナー
  2008年からFP事務所開業
年令:40代

ブックマーク
My Yahoo!に追加 Add to Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民間給与、前年比23万7000円減=過去最大幅、09年分調査-国税庁

 民間企業に勤める人が2009年の1年間に得た平均給与は、前年比23万7000円減(5.5%減)の405万9000円となったことが28日、国税庁のまとめで分かった。統計を取り始めた1949年以降で、過去最大の減少幅を記録した08年(同7万6000円減、1.7%減)を大幅に上回った。
 400万円以下の給与所得者数が約108万人増加する一方、1000万円超が約48万人減少するなど、同庁は「高所得だった団塊世代の退職などの影響も考えられる」と分析している。
 平均給与が最も高かったのは97年の467万3000円で、今回はバブル期だった89年の402万4000円と同水準という。
 業種別に見ると、製造業が前年比10.3%減の444万円と下げ幅が最も大きく、次いで567万円だった情報通信が同8.0%減。金額ベースでは電気・ガス・熱供給・水道業が同6.7%減の630万円でトップ。最下位は宿泊・飲食サービス業で同3.6%減の241万円だった。(時事通信)


 この記事を読むと頭に浮かぶのが「働けど働けどわが暮らし楽にならざり、ぢっと手を見る。」
これは明治の歌人石川啄木の歌です。
 記事の内容から金額ではバブル期と同じ程度の給与、実際には当時よりインフレになっていることを勘案するともう少し下がっていることになります。
 こういった状況でのお金の使い方は必要なものに最小限使い、将来のための分もしっかり貯めて行きたいところでしょうから、あと必要なことは時間の使い方、楽しみ方といった事になります。
 ここでちょっと過去と比較してみましょう。
 現在の給与額はバブル期より前のもっと給与額が低かった時代と同じと捉え、その頃は何をして暮らしていたかといえば、自然を利用した遊び方や暮らし方でした。
 快適さを追い求めた現在と比べると不便でしたが今ほど制約があれこれとなかったのと、今の良さを知らなかった分、過ごしやすかった記憶があります。
 ということは、現在は給与が減ったからといって人生が一生悪い方へ行く訳ではなく、しっかりと目標を持って今ある現実の中で何ができるのか? を考えて新たなアイディアを温めることでジャンプする手前の時期でもあるように感じます。
 お金を使わない時間の使い方を考えてみませんか?

 今回は相談料を払って相談するのはちょっと・・・という方のために書いてみました。
 
スポンサーサイト

世界は「通貨戦争」状態にある=ブラジル財務相

[サンパウロ 27日 ロイター] ブラジルのマンテガ財務相は27日、各国政府は輸出競争力強化のために自国通貨を操作しており、世界は「国際的な通貨戦争」状態にあると述べた。
 産業界指導者への講演で述べた。日本や中国など最近の為替介入に関する最近の高官発言の中では最も強い内容となった。

 ゴールドマン・サックスは、ブラジルの通貨レアルは世界の主要通貨で最も過大評価されていると指摘している。
 レアルは対ドルで10カ月ぶり高値付近の水準にある。同財務相の発言後も、政府の行動は10月3日の大統領選挙の結果判明後となるとの見方を背景に上昇を続けた。
 マンテガ財務相は「われわれは国際的な通貨戦争の真っ只中にある。競争力が奪われ、われわれにとって脅威だ」と述べた。
 また貿易競争を激化させているとの見解から米国、欧州、日本に言及し「先進国は自国通貨を押し下げようとしている」と指摘した。

 おっかないタイトルと内容が書いてありますが、国単位では通貨価値が変動すると、国外では同じ物の価格が違ってくることから国際競争力が変わる、個人単位では外貨で預金していると外貨資産額も変わる、という話なのですが、誰かが意図的に貨幣価値をコントロールして大儲けしようと思ってやったところでできるものではありません。
 経済やお金に無知識な無法者が新たに市場に参入するとこのようなことが起きますが、極端な偏りを引き起こして混乱した後、その混乱は混乱を起こした無法者へと跳ね返ります。
 このような場合の私達にとっての最適なリスク対策はその影響下から離れる事です。
 
 お金を正しく使ってつまらない悩み事が増えないように自分を守ってください。
 

お彼岸とともに秋が来て

 信じられない暑さだった今年の夏も昨日のお彼岸を境にすっかり秋めいてきました。
 ということは、今年も残り3ヶ月とちょっとばかりを残すだけです。
 年末は毎年の事お金の出入りが激しいシーズン、今のうちに毎年一体何にいくらくらい使っているかチェックが必要です。
 ついこの間までの暑さの影響でエアコンの電気代や小まめな水分補給という事で買い込んだ飲み物で予想外の出費を体験したばかりですが、来るものは来ます。
 そこで早めの対策を立てていくと、あとから困らなくて良いことが多いです。

 もっと大きい規模の家計全般を見直したいという方はこちらからどうぞ。

円高と日本の景気

 昨晩、円が82円台をつけました。
 15年ぶりということですが、景気が良いから円が高いのではありません。
 景気はほとんど変わらないまま低迷、他の通貨が安くなってそのあおりを受けて上がっている感じなので、株価の方が安値をつけています。
 
 今、何が必要なのかと言えば「適切な行動」なのですが、何がすべきかを分かっている人の言う「適切な行動」と、わかってないけれど誰かのマネをする人の言う「適切な行動」はまったく違うものです。
 さらに「適切な行動」を実行に移すとなると、考えなければならないこと、準備しなければならないことは増えていきます。
 思い込みからの何となくを減らして経済を見ながら家計を運営する正しい対処法を身に着けて適切な行動に移して下さい。

 

円高株安は含み損?

 最近の円高は83円50銭あたり、日経平均株価は9000円台を割りそうになっています。

 円が高くなると輸出型の企業の多い日本ではドルや外貨で取引相手の国と売買契約を結んでいれば、その分円で換算した収入が減るということで、結果、企業の利益がその分減り、将来の期待も含んだ価格で取引される株価も売られて安くなる訳ですが、外貨や株式を購入された方々は今の価格が今の時期になるとは予想されていない方が多いため、今より高い価格で購入され、その結果含み損を抱えてしまいます。
 含み損を抱えた方の中には損を切る方もいますが、今まで人が言う通りに投資し続け、ここでどうすれば良いか?と悩んでいる方にはこれからの運用を考えることはとても重要です。
 
 
検索フォーム
QRコード
QRコード
株価チャート(簡易版)
by 株価チャート「ストチャ」
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。