FC2ブログ
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kakeiansin

Author:kakeiansin
職業:
ファイナンシャルプランナー
  2008年からFP事務所開業
年令:40代

ブックマーク
My Yahoo!に追加 Add to Google

相談の時の話し方

 ファイナンシャルプランナーの仕事は相談を受けるところから始まります。
  ①お客さまの家計の事情を聞く
  ②お客様が問題のあると感じるところとお客様の家計を分析して、
   修正のできそうな所できない所を聞いて行きます。
  ③実行できそうな箇所を詰めていきます。

 上手く行くパターンは書くことが少ないのです。

 しかし、上手く行かない時は①の段階から全てがつまずいてしまいます。
 その原因はというと、「話をしたら恥をかいてしまうから嫌だ」とか、
「話を聞いても自信がなくて騙されそうな気がする」といった消極的な理由によるものが多く、
 私としてもそれ以上はお客様が納得した上で話していただかないととてもではないので、無理にご相談を進めることができません。

 わからない箇所を修整しようとする時はどこか今までとは違ったことをするものです。
 人間ですからそこに恥の感情やいろんなものが湧き出るのは無理はないと思うのですが、せっかく良い方向へ舵を取ろうとしているのですから、初志貫徹すれば道は開けてくるとこちらでは考えるのですが、当のご本人はあっち行ったり、こっち行ったり、挙句の果てにはイライラしてしまって、「もういいっ!」なんてことになります。
 このような事は私がFPする以前から普通にお悩み相談的な話になったりした時かなりの数を見てきました。
 自分だけではなく、みんな悩むのです。
 恥ずかしがることではないのです。

 私は人がお金の事で悩む事を気を楽にしたり、解決することがお仕事なので、他の人に詳細を話すようなことはありません。
 
 お気軽にどうぞ。
 
 
 
スポンサーサイト



検索フォーム
QRコード
QRコード
株価チャート(簡易版)
by 株価チャート「ストチャ」
ブロとも申請フォーム