カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール

kakeiansin

Author:kakeiansin
職業:
ファイナンシャルプランナー
  2008年からFP事務所開業
年令:40代

ブックマーク
My Yahoo!に追加 Add to Google

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30年後、年金給付2割目減り 現役収入の50% 厚労省試算

厚生労働省は23日、5年ごとに実施する公的年金の財政検証の結果をまとめた。年金財政の悪化を受けて、現役世代の収入に対してどの程度の年金をもらえるかを示す割合(所得代替率)を段階的に引き下げることを想定。最も基本的なケースでは、2009年度の62.3%から2038年度以降は50.1%に低下し、約20%目減りすると試算した。(日本経済新聞)

今までの年金の試算は現役世代の収入の50%という前提で考えられていたでしょうか?
家計の見直しをする時期ともいえる記事です。
スポンサーサイト

08年度税収、さらに減額修正の可能性

[東京 23日 ロイター] 与謝野馨財務・金融・経済財政相は23日午前の衆院予算委員会で、景気の一段の落ち込みによって、さらなる2008年度税収の減額修正に迫られる可能性があるとの見解を示した。

これともう一つ、日本時間の金曜からのダウは6年超ぶりの安値となり、日本の景気に影響を与えるアメリカ景気も悲観されています。
景気が悪いのは、報道でも1年以上前から予想されていて、去年の9月のリーマンショックから拍車がかかって周知の事実なのですが、実際に家計の負担がこれらの事実から影響を受けても生活で手がいっぱいで何をどう考えてよいのかわからない。

こういった時にもお役立てください。

GDPは1974年以来の大幅マイナス

[東京 16日 ロイター] 内閣府によると、10─12月期の実質国内総生産(GDP)(前期比マイナス3.3%、年率マイナス12.7%)は第1次オイルショックの後遺症に日本経済が苦しんだ1974年1─3月期(前期比年率マイナス13.1%)以来の大幅なマイナスになった。

1974年というと、もう35年も前になります。
その頃は幼稚園児か小学生だったと思いますが、
当時はどんな感じか簡単に言うと

①スーパーの売り場のトイレットペーパーがなくなった
②モノの値段が高くなった
③インフレって、何?


こんな感じでした。
当時の体験や知恵を忘れてしまったり、未経験で不安な方がご相談に来られるのはいかがでしょう?

第673回「逆チョコ、どう思う?」

こんにちは!トラックバックテーマ担当のほうじょうです!
今日のテーマは、「逆チョコ、どう思う?」です。

まもなくバレンタインデー!
周囲の女子が浮き足立ってまいりました。
私もそろそろチョコレートの用意をせねばなりません。
遅いかな?

今年はバレンタインデーに、男性から女性にチョコをあげるという
「逆チョコ」なるものがあるそうですね。
日本には、ホワイトデーはあってもそれ...
第673回「逆チョコ、どう思う?」



男が告白するのにわざわざ2月14日にチョコレートを渡すのは疑問です。
言えば済む事ですから。
お祭りとしてやりたい人がやれば良いのではないのですか?

日産、電気自動車生産の支援融資を米政府に申請

[ワシントン 9日 ロイター] 日産自動車(7201.T: 株価, ニュース, レポート)は9日、米政府に対し、電気自動車の生産と搭載するバッテリーの開発を支援するための融資を申請したことを明らかにした。
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-36396920090210

実際に電気自動車が普及すると生活はどうなるでしょう?
これはアメリカで日産自動車が申請という話ですが、将来的に日本でも私たちが持つ可能性の高いものです。
買換えとなると当然家計への影響もあります。

職を失う正社員、3月までに6千人に…厚労省

厚生労働省は4日、景気悪化による雇用調整で、昨年10月から今年3月までに職を失ったか、失う正社員が1月26日時点で約6000人に上る見通しであることを明らかにした。

 リストラや倒産などによる100人以上の大規模離職の事例だけを集計したもので、実際の正社員の解雇数はさらに多いが、前回調査(昨年12月19日時点、3295人)から1か月余で倍増。雇用調整の波が派遣や請負など非正規社員だけでなく、正社員にまで押し寄せている実態が浮かび上がった。

 厚労省が4日午前の民主党の会合で説明した。昨年11月25日時点で今回と同期間の雇用調整について質問した前々回調査では、正社員の離職者数は2028人で、2か月で約3倍に急増した計算だ。1月26日時点での非正規社員の失職者数は12万4800人で、正社員の失職者数の規模は小さいものの、非正規、正規を問わず、雇用環境は厳しさを増している。

 帝国データバンクの調査では、昨年の企業倒産件数(負債総額1000万円以上)は1万2681件で、実際の正社員の失職者数は今回の調査を大幅に上回っていることは確実だ。

(2009年2月4日11時40分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090204-OYT1T00419.htm

 今まで失業の不安が少なかった正社員の方までもという話、今回の不況の大きさを物語っているようです。
 万一失業した場合、どんな流れになるのか?は
 当事務所ホームページで書いてあるので、よろしければご覧ください。





検索フォーム
QRコード
QRコード
株価チャート(簡易版)
by 株価チャート「ストチャ」
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。