FC2ブログ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

kakeiansin

Author:kakeiansin
職業:
ファイナンシャルプランナー
  2008年からFP事務所開業
年令:40代

ブックマーク
My Yahoo!に追加 Add to Google

今日から7月

 今日から7月で夏の始まりですが、更新のついでバックの絵柄を変更しようかと見ていたら冬のままだったのには我ながら驚きました。
 さて今日は日銀短観と路線価、他にも6月中に発表されていることが多い指標の発表が重なっており、景気は停滞気味の印象を受けます。
 今日は朝から暑い日ですが、事務所ホームページを更新しようとしたところ、パソコンを開いたところ途中で電源が落ちるので冷えた時間を見計らって更新しようと思います。
 
 パソコンは熱に弱く、パソコンの中のホコリを掃除をして冷やせる状態にしておかないとパソコン内のCPUが発熱しやすくなって、パソコンの中でCPU等の異常な温度上昇を感じると勝手にシャットダウンしてします。
 この現象が頻繁に起きるとパソコンの寿命だそうで、パソコンの寿命は一説には5年程度と言われています。
 その間にOSが変わり、ホームページの内容が字から写真込み、写真込みの字から動画も、と新コンテンツが誕生すると使用するボリュームが大きくなる毎にパソコンのキャパシティーを超えていくと大事に長持ちさせるつもりで買ったはずのパソコンがある日を境に突然古いパソコンに変身し、ハードディスクの空き容量の不足、メモリの不足が起き、どんどん使い物にならなくなっていくので買うタイミングによってはもっと寿命が短い場合があります。
 パソコンを使えば、新たな費用がOSのみやパソコンのみで済むのなら良いのですが、当然プリンターなどの周辺機器との接続があり、パソコンと動きを連動させるためにはソフトが必要で、そのソフトもある世代のOSのみで新世代のものはなしというものもあり、OS製作会社の都合のみで変えられるとたまったものではありません。
 最後になりますが、パソコンよりもプリンターの方が有能でどうしたら粗大ゴミにならずに済むか現在思案中です。


 
 
 
 
スポンサーサイト



電話営業に注意

悪質な電話営業が連日あったのでそのことについて

1 しつこい携帯電話代理店
 いらないと言っているのに1~2週間空けてまたかけて来る携帯電話代理店
 同業他社はしつこくないので目立ちます。
 もう忘れているとでも思っているのでしょうか?
 話がと似れる度に「逆に」という言葉を使って食い下がってでも契約させようとしてきます。
 話しの脈絡から「逆に」全くは使えない言葉なのですがこの電話セールスは本当に日本人なのでしょうか?

その翌日にはこんな電話営業が。

2 インタビューの話しを持ちかけ写真を売りつける商法
 東京や大阪を拠点とした業者から「タレント、有名人があなたの会社へインタビューします」と電話で営業をして来ることがあります。
 私の所へこの手の話が来たのは2度目です。
 1度目はどのようなものか把握するために途中で止め、2度目の今回は断りました。
 それぞれ会社名が違うのに全く同じ手口なので、ネットで「その会社名+評判」で検索すると他の方の書いたブログがヒットして、そこには「取材商法」と紹介されていました。

 被害に遭われないためにも知っていただいた方が良いと思いますので、その手口を公開します。

 出版社と名乗る会社が電話でまず「御社(当事務所)の事業を発行している雑誌に載せるので取材をしたい」と言ってきます。
 内容を聞いていると冒頭にありますように「タレント、有名人があなたの会社へインタビューします」と続きます。
インタビューアーとしてやって来るのはほどほどに有名な元スポーツ選手や芸能人で、その会社のホームページを見ると50~100人を登録していると顔写真が並べられたありしています。
 記事掲載のためにやって来る有名人と写真を撮って5万円、後は著作権も自由で好きなように写真を使って良いというものです。
 取材場所は必ずこちらの事務所や自宅へ押しかけて来るように言ってきます。

 いきなり電話一度だけでどのような会社かよくわからないので自宅を避けてホテルのロビーを使ってインタビューさせたことがありますが、実際に有名人はやってきます。
 しかしインタビューといっても仕事についての簡単な内容の話しで、その間中ずっと白髪頭で角刈りをした暴力団員風の老人がちょっと離れた場所からずっと鋭い目つきでこちらを睨みつけていて胡散臭さが漂うものでした。
 写真を撮ってから突然、「5万円というのは一番小さな枠で写真の大きさは掲載されないのでこちらの大きな枠(その雑誌では並の大きさ)で写真付きで掲載するには協賛金が20万円になる」と今まで聞いた事もない話しを始め、最初から5万円以上取ろうという詐欺まがいなものでした。
話しが違うので断りました。

 その後、インタビュー内容の趣旨となる単語は暴力団やカルトが主要紙以外の新聞、週刊誌等から意識的にマネをして度々使うといった事が起こりました。
 中学からグレてロクに勉強してない上に定職に就いてないためか一般社会の仕事についての簡単な内容の話しであっても彼等にとっては世紀の大発見でもしたかのような話しのようです。

<< 暴力団絡みの商売を装った電話セールスの特徴まとめ >>
・電話だけで話しを進めれば会社や家に上がり込んでも良いと思っている
・有名人にインタビューさせれば信用があると思っている
・FAXで連絡をして来るくらいで契約書等はない
・協賛金という名目で支払わせようとしてその場で話しがコロコロ変わり金額が高くなる
 協賛金とは会計処理上、スポンサー料、寄付金、広告宣伝費に分類され、払う目的によって取り扱いが違う複雑なものです。

 厄介なものには関わらない事が重要です。

怪しいアクセスがようやく減ったので更新します

 他人のアイディアが書いてある文章を盗用すれば自分達は天才だと勘違いした人達が盗用できないかと期待して閲覧していたので長らく更新を止めていました。

盗用する人間は共通して、詳しいことがわからないから簡潔に書いてあるワンフレーズを求めるのですが、
簡潔なワンフレーズになる文章とは、
 良く言えば、簡潔に書いてわかりやすく、
 悪く言えば、大雑把でもっと詳しくしないと本当の事はわからない
ものになります。

 こんな事さえわからない大人達が20字程度の程度の文章で政治から犯罪の参考にすれば自分達は成功出世できるものと信じている社会的常識を外れた集団が毎日自分の正体がばれないようにとグーグルロボットを使ってクロールしに来たように見せかけて異常アクセスしていました。
 おかしな世の中になったものですね。

 これは営業用ブログですからランキングを一位にしたり、フェイスブックのようなお友達と交信するためのものではないので、いきなり詳しく書くことなどないのですが、盗用しに来る人たちは世間を知らない人達ばかりのせいかそういう事もわからないようです。

 また異常アクセスがあるようでしたら中断します。

エトセトラ  その1

<便乗値上げ>

 消費税増税を目前にして駆け込み需要が増えてきたのを利用した便乗値上げも見られるようになってきました。
物によっては4月からの消費税アップ率の3%以上の値上げを現段階で行うものもあります。

 買う前に一度値段を確認してみて下さい。


<SEOについて>

 最近の検索表示順位等には恣意的な操作が見られ、自分達には不都合なものには順位を回にして悪い評判をかぶせてしまう傾向があります。
 お金をかけても順位が落ちることもあり、必死にお金をかけても結果はさほど変わらず、検索サイトにはお金をかけない方が結果的には良い感じになっています。
 当ブログのスポンサーサイトをつけているのを見てもクレジットだとかFP相談業としては勧めたくないものばかり。
 クレジット等でキャッシングしているうちはお金はまず貯まりませんし、運用もできません。
 消費者金融時代からこのような業種に従事している人はだいたい変化していません。
 

適切なリーダーがいないと

 以下の当ブログへのアクセス結果は政治、闇社会と言われていた既得権者がつるんで犯行を重ねる未解決事件による異常アクセスです。

 ijoaccess001.png

17日更新した時刻から2時間に集中、4時間にわたり、82回
その1
ijoaccess04.png
その2
ijoaccess03.png
その3
ijoaccess02.png
 全部を張り付けるのは面倒なので管理画面の一部を。

 自分達の思い通りにしたいから嫌がらせをして個人の考え方まで支配をしようと子供のヒーローもの特撮に出てくる悪役そのものの行動をしています。
 この犯罪集団、自分で考える知力というものがないから拉致する国のようにこちらの意思と無関係に一方的な希望で自分達の中に取り込みたがっているのです。

 当事務所所長の所に開業前から変な芸人の集団がテレビから番組中のネタのふりをして悪口を言い、その時のキーワードを気付かせるために私の外出先までストーカーをして通りがかりに同じキーワードを言って逃げる通行人が増えていました。
 テレビ局へ何をやっているかメール等で問い合わせても返答もなく、メールに書いた事を番組中に芸人がマネし始めました。
 中卒だ、ヤクザだから体に刺青が入っているとありもしない噂まで流し、誰も近寄らないようにして社会から孤立させることに注力、当方は仕事の邪魔(業務妨害)だから警察へ届け出ようとしても受理せず、弁護士も避けて逃げる始末。
 仕方がないので犯罪者集団と直接交渉しなければならなくなるのですが、呆れた事に新聞の芸能欄にも出て来てテレビと同じように会話をしているつもりで特定人物を意のままに誘導するように書いており、あまりにも初歩的な常識も知らないので早くストーカーを解決させるために返事を書けば、「もっと教えろ」と。
 彼等は中学生時代にグレたとかで一般常識はほとんどなく、差別でない事まで差別と言い張る団体の出身が多く、外見に異常に執着し、バブルの頃のクリスマスが羨ましくて今でも逆恨みしていて、嫌がらせをして憂さを晴らそう、そして囲い込んで自分達の手下にしてノウハウをタダで脅し取ろうとするだけで、説明すると書いた言葉の一つだけはマネするのですが上手く行きません。

 更にはメディアから芸能人、暴力団組員、政教分離でマスコミに騒がれるカルトや与党の政治家まで登場、政治家に至ってはお坊ちゃん育ち過ぎて世間がわからず何をして良いかもわからない。
 そこで彼等は我が家の会話や当事務所から発信される内容の盗聴、盗用に至ったのですが、自分達がやったことが記録に残るのがイヤだからと当事務所ホームページの内容を盗用すれば何とかなると勘違いして一時期毎日2回、在京国立大学経済学部大学院研究室のロボットにクロールさせていました。
 また、我が家の隣りには一昨年リフォームされるまで謎の高いアンテナが設置されており、前述カルトの信者の家にあるとされています。
 我が家の会話を盗聴しており、私が「政治なんか関わる気はない、やるとしたら独裁でしかしない(つまりやらない)」を聞き、ある市長は「今の日本の政治には独裁が必要」と言い出すとすっかり人気を失いました。
 会話から大学院のクローラーロボットがばれた後に登場したのがグーグルのロボット、普段はブログを更新した時に2,3度しか来ませんでしたが、国立大学大学院研究所のアクセスがなくなってからは常に5,6回クロールするようになり、今回のように83回もするなんてことは今までありませんでした。
 現在はアメリカCIA職員だった人間が暴露した一般人の盗聴も強ち嘘ではないおかしな世の中です。
盗聴、盗用は世界の政府要人の知力の低下が蔓延して起きた出来事だと考えられます。

 政治家は間接的に当事務所ホームページをのぞいているのに経済政策を「自分で考えた」と言い張るので、ほったらかすと、納税者の負担能力が十分でない不適切なタイミングで消費税は増税する、「5年間経済を勉強した」というのに金融緩和するだけで有効な景気対策がいつになっても出てこない。
 当選するための基盤を親から引き継いだだけで政治家の資質ゼロです。
 こういう仕事に見合った能力のない人間達が椅子にしがみつき、歴史に名を残すつもりで東京に集まっているのですから良い方向に世の中が進むはずがありません。
 みなさんの家計が圧迫される原因はこの集団によるものと考えて間違いありません。

こういう人達の
「権力を振りかざして他人をタダで利用して自分達だけ良い思いをしたい」
という思惑の結果がグーグルの検索ロボットのふりをした異常アクセスです。

 政治家は自分で勉強し、犯罪者は適切に処罰、関係のない一般人を事件に巻き込まないようにしてもらいたいものです。
検索フォーム
QRコード
QRコード
株価チャート(簡易版)
by 株価チャート「ストチャ」
ブロとも申請フォーム